リノベーション事例

Muku
こだわりの木材に囲まれて

scroll

施工前

#Before

施工データ

#Data

施工地域 尾張旭市
築年数 30年
施工期間 4ヵ月間
金額 1,000万円
施工場所・
特徴
キッチン,浴室,洗面所,トイレ,洋室,玄関,外壁

間取り図

#FloorPlan

リフォームストーリー

#Reform Story

二世帯から一世帯での生活に変わったことがきっかけとなり、リフォームを考えられたM様ご夫婦。
特に家の経年劣化や寒さにお困りだったそう。
新築購入かリフォームで検討していた際に、マニカホームが開催するモデルルームのオープンハウスにご来店頂きました。
海外出身のご主人様の地元では、家をリフォームして住み続ける文化があり、今ある物を上手に使いながらエコな生活をしているとのこと。
こだわって選んだ木材を、ふんだんに取り入れたリフォーム・プランをご紹介いたします。
コンセプトは「日本の木造が好き・和が好き」。


キッチン

二人で料理がしたいと、壁付けキッチンから対面キッチンへのレイアウト変更を希望されていました。
スペースが限られたダイニングキッチンに対面キッチンを置くということで、キッチンの取付位置等をしっかり確認する必要がありました。
換気扇の位置やキッチンの寸法、通路幅をどの程度取るかなど、工事前にしっかりと打合せを行いました。
完成イメージをより分かりやすくお伝えするために、配置図面に落とし、現場ではマスキングテープで印をつけ、イメージの共有をしっかりと行いました。

キッチンには無垢の木のキッチン(ウッドワン スイージー)を選ばれました。
キッチンの正面には無垢の羽目板を使いたいという強いご要望があり、サンプルを取り寄せたり、M様と一緒にウッドワンのショールームでキッチンを見たり、興亜通商の倉庫へ行き羽目板を見たりと、現物の雰囲気を確認しました。
M様が希望するキッチンにするために、キッチン本体の仕様に関しても打合せを重ねました。
リフォーム完了後、二人で並んでの調理や片づけがしやすくなり、ダイニングキッチンを広く使えるようになったそうです。

 


トイレ(1階・2階)

お気に入りのバンブー(竹材)をどこかに使用したいとのご要望があり、1階のトイレの床に使用することに。バンブーの床材に合うような壁紙を選び、空間全体の調和が取れたトイレになりました。
1階と2階のトイレは両方とも背面キャビネットがあるLIXILのリフォレを選ばれました。
2階のトイレは遊び心のあるカラフルなデザインの壁紙を選び、それぞれのテイストを楽しめる2つのトイレが出来上がりました。

 


洗面所

お風呂と併せて洗面所のリフォームも行うことに。水まわり機器の老朽化と寒さについてもお困りでした。
洗面化粧台には無垢の木ウッドワン製のものを選ばれました。ウッドワンの洗面化粧台は、木をふんだんに使いたいと考えていたM様のイメージにぴったりのデザインだったそう。洗面化粧台の収納が開き戸から引き出しに変わったことで今までよりも収納力がアップしました。
寒さ対策としては断熱材を入れ、洗面所暖房を取り付けることで解決しました。

 


お風呂

お風呂も洗面所と同じく寒さに悩まれていました。
寒さ以外にも浴槽が狭い、お掃除がしにくい等のご相談があり、空間まるごとお掃除がしやすく、断熱性能も持ち合わせたTOTOのサザナをご提案しました。浴槽は間口いっぱいの広さになり、ゆったり浸かれるようになりました。
寒さ対策としては、こちらも洗面所同様に暖房機を取り付け、窓も内窓を付けるなど断熱性能を高めました。
また、お風呂はくつろげる空間にしたいとのご要望があり、壁パネルにはブラウンを基調としたものを採用。照明は調光ができるものに変え、気分によって明るさを変えられるようにしました。

 

 


和室

和が好きなご主人様はリビングを洋室から和室にしたいと強くご希望でした。
そこでリビングそのものの広さはそのままに、和のテイストを入れるプランを作成。天井にはこだわりのヒノキの羽目板を使用しました。
間接照明をつける際に、天井高の関係で間口いっぱいの取り付けが出来ないという想定外の事態が起こりましたが、代わりのプランをご提案し、M様にご納得頂きながら和室を完成させました。

 


玄関・階段

玄関壁にパステルカラーの黄色を用いたことで、印象が明るくなり、ポイントカラーとして、青色のクロスも梁型の下面に使用しました。
階段壁にも同じ青色のクロスを用いて統一感をだし、また、今までは階段に手すりがなかったため、木の温もりが感じられるデザインの手すりをこの機会に設置しました。

 


外壁

外壁を塗り直す時期でもあったため、今回併せて外壁塗装も行いました。
元々は白色だった外壁を、今回は内装にも使用している色味に合うように、黄色系の色を選ばれました。

 

まとめ

「自分達が希望としているリフォームを叶えようと、如何に考えてくれているか伝わる提案をしてくれました。長い時間打合せを行い、一緒にどうしたらいいのか、考えてくれたのはマニカホームでした」とM様。
「リビングも工事中に仕様変更があり、したいと思っていたことが出来ないと分かった時に代わりのプランを出して下さり、納得して工事を進めることが出来ました」「主人が安全性をとても気にしており、頻繁に連絡してしまいましたが、その都度レスポンスよく回答してもらえた点も良かったです」との嬉しいお言葉を頂けました。